お風呂リフォームの基礎知識

お風呂は、からだの汚れを落とすだけでなく一日の疲れを癒してくれる大切な空間です。
ご自宅のお風呂を、よい癒やしの空間に変えることによって、毎日の生活にハリが出て元気に過ごすことが出来ます。
とはいえ毎日つかうものなので「デザイン」「快適さ」だけでなく「お手入れのしやすさ」や「長持ちしやすさ」そして、「適切な費用」を考えてお風呂のリフォームを計画する必要があります。

どれぐらい費用をかければ、どのようなお風呂にリフォームができるのかを知って、自分たちだけの素敵な空間を創りましょう。

目次

浴室(お風呂)リフォームの基礎知識

「在来工法」全てを自由に選ぶことができる「在来工法」

バスタブ、壁材、床材など全てを自由に選ぶことができる 「在来工法」は、現場で一から作ります。
そのため、オリジナル性の高いバスルーム作りが可能です。
その半面、水漏れの処理に時間がかかり、価格も割高になるというデメリットがあります。

「システムバス」機能性が高くリーズナブル

一方、「システムバス」は、あらかじめ工場で規格化された部材を製造し、浴槽と床、壁、天井などを現場で組み立てるため、工期が短くて済みます。
また、防水性が高く、2階以上のバスルームの設置にも向いています。
湿気などによる木材の傷みも少ないため、家の寿命が長いのも特徴です。
今までデザインへのこだわりは期待できなかったシステムバスですが、最近は、素材のバリエーションが増え、デザインの自由度も広がってきています。

「ハーフユニット」漏れリスクが低い

最近人気が高いのが、在来工法とシステムバス(ユニットバス)の長所を併せ持った「ハーフユニット」です。
これは、バスタブと床、バスタブの高さまでの壁をユニットで施工し、それ以外は在来工法で行うもの。
水漏れのリスクを低くしつつ、オリジナル性も追求できます。

「据え置きタイプ」「埋め込みタイプ」

「据え置きタイプ」は、浴室の床にバスタブを置くだけなので、工事が簡単で工事費も抑えられます。
一方、「埋め込みタイプ」は、浴室の床にバスタブを埋め込むので、床や壁の工事が必要です。
バスタブの下方半分を埋め込むタイプを「半埋め込み型」といいます。
バスタブは、「エプロン」と呼ばれるバスタブ本体の下方を隠す前垂れがあり、「据え置きタイプ」も「埋め込みタイプ」も、壁の位置や置き方によってエプロンのつけ方がかわります。
バスタブをタイルで囲む場合には、エプロンをつける必要はありません。

バスルームの主役はやっぱりバスタブ

素材の特徴を知っておこう

バスタブの素材には大きく分けて6種類あるバスタイムをより充実させるには、バスタブの材質にもこだわりたいものです。
それぞれの特徴を知り、費用と相談しながら、家族がくつろげるバスタブを選びましょう。

ホーロー

鋼板ホーローと鋳物ホーローがあり、どちらも肌触りがよく、保温性、耐久性が高いのが特徴です。
また、温かみのある色合いが人気。
鋳物ホーローは厚みがあり丈夫ですが、重量があるので、2階への設置は荷重対策が必要です。

ステンレス

キズやサビに強く、長期間の使用に耐えられるうえ、清潔な状態を保ちやすい。
裏面に保温材が吹きつけてあるので保温性にも優れています。
コーティング技術の進化で、カラーバリエーションも豊富になっています。

ERP樹脂

システムバスによく使われている素材です。
カラーバリエーションが豊富で、保温性が高く、比較的リーズナブルな価格が多いことから、人気があります。汚れや傷がつきやすいという弱点は、品質の改良で解消されてきています

人工大理石

天然大理石風につくられた樹脂素材です。
高級感あふれる色調、しっとりした肌ざわり、汚れがつきにくい滑らかな質感が特徴です。
加工がしやすく自由にデザインできますが、コストは若干割高になります。

木製

高級なヒノキ、やや低コストのサワラやアオモリヒバなどがあります。
ヌメリやカビがつきやすく耐久性が低いことから、一般家庭では使いにくかった素材ですが、腐食防止技術が向上し、改めて注目されています。

タイル、石張り

などみや自然を意識した、デザイン重視のバスタブ向きです。
仕上げによっては滑りやすく、残念ながら保温性も期待できません。
タイルの目地に汚れが付着しやすいので、そうじがしにくいというデメリットもあります。

使い勝手を大きく左右するパーツ選びは慎重にしたい

快適なバスタイムをさりげなくサポート

パーツのちょっとした機能が、バスルーム内のII常的な行動をスムーズにしてくれます。
また、バスルームのアクセントにもなるので、好みのデザインを楽しんで選びましょう。

水栓

バスタブ専用のバス水栓とシャワー水栓が必要です。
バス水栓は、バスタブヘの給湯、給水川で、洗い場用と兼用のタイプもあります。
シャワー水栓は、シャワー用、洗い場用が切り替えられる混合水栓、適度な温度を維持するサーモスタット式が一般的です。
最近人気が高い海外品のシャワー水栓は、国産品より水圧が低いので、MPa以上の圧力を確保しないと、シャワーの勢いが弱くなり使いづらいので注意しましょう。

換気

換気設備は、湿気やカビ対策には必須です。
最近では、暖房、乾燥機能が加わるなど多機能化しています。
バスルームを物干しスペースとしても生かすなら、乾燥機能をつけるなど、H的に合わせて換気設備を選びましょう。

ドア

どうしても狭くなりがちなバスルーム。
家族が一緒に入浴することなどを考えて、引き戸か折れ戸にするのが一般的。
バスルーム内で事故が起きたときに、外から開けられる扉を選ぶなど、安全面にも配慮しましょう。

鏡はくもり止め機能のあるものを選びます。サッとお湯をかけるだけで、くもりを防げるハイドロミラー式の鏡が便利です。

収納棚

家族がバスルームで使用するのもが収容できる大きさで、 出し入れしやすいシンプルな形のものがおすすめです。
また、そうじが簡単にできるような材質、すっきりしたデザインの収納棚を選びましょう。

タオルハンガー

カビなどによる汚れが付着しにくい材質、形状がおすすめです。
ワイドタイプは、冊はとるけれど滞れたタオルが乾きやすいメリットがあります。

照明

バスルームの照明は、防湿、防水タイプであることはもちろん、明るさにも配慮しましょう。
1坪以上の広さの場合、帥ワット球を2灯設置するのが一般的です。
人の影が窓に映り込まないように、窓際に取りつけるのもアイデア。
また、落としても割れにくい素材の照明を選ぶこともポイントです。

バスルームの窓は、採光、換気をしつつ、外部の目線を遮断しなければなりません。
通常、羽板の角度を調整できるルーバー窓や、ブラインドを取りつけて、視線を遮断します。
最近では、瞬間調光ガラスという特殊な構造の窓が注Hされています。
例えば、庭に川したバスルームの場合、庭に人がいるときは窓を不透明にして、いないときは透明に切り替え、庭の景色を楽しむことができます。

壁などの仕上げ材はデザインだけでなく実用性も確認

安全性

衛生面のトラブルを仕上げ材で予防バスルームを覆う床や壁の仕上げ材は、安全性を高め、衛生的な環境を維持する大切なツールです。材質からすべてを自由に選べる在来工法はもちろん、システムバスやハーフユニットにおいても、以前より仕上げ材のバリエーションが広がっているので、デザインだけでなく機能にも注目して選びましょう。特に、バスルーム専用に開発されたタイルなどは、汚れがつきにくくお手入れがしやすいなど、高い機能を備えています。快適なバスルームを目指し、慎重に選びたいものです。

バスルームの床の仕上げ材は、タイル仕上げがポピュラーです。建材メーカーの浴室床用タイルは、水はけ・抗菌・防汚機能、スリップ予防などの加工が施されています。最近は、湯アカなどの汚れがつきやすいモザイクのようなタイルより、100角、150角のような大きめのタイルを使う傾向があります。また、目地もカビや汚れのつきにくい材質が人気です。タイルのほか、大理石、御影石なども床の仕上げ材として使われます。

床と同じタイル張りにして統一感をもたせたり、壁の腰から上に木材などを用いたり、さまざまなデザインを選ぶことができます。耐水性、耐久性のある素材を選びます。

天井

天井に使われる代表的な仕上げ材は、バスリブと呼ばれる樹脂系もので、公衆の浴場でもよく使われています。壁に合わせて木材を使用する場合もありますが、いずれにしても軽くて、耐水.耐熱性の高い素材が使われます。

進化を遂げる排水口 選び方でそうじの負担が軽減

いちばん汚れる場所だから防汚を真剣に考える

排水口は、洗面器を置くカランの下や、立ったときに足でふさいでしまう場所を避けて設置。形は、溝型、角型、丸型などがあり、丸型が多く使われています。スムーズに排水するために、排水口を広い範囲に設けることもありますが、一般家庭ではそうじする場所が増え、逆に手間がかかります。バスルーム内でいちばん汚れる場所なので、そうじの負担を軽減できるタイプの排水口が登場しています。ヘアキャッチャーに、汚れをはじくフッ素加工をしたものや、水の流れを利用して髪の毛やゴミがまとまるように設計されたものなどがあります。

便利な機能とラクラクお手入れ システムバスの設備

高い防水性が魅力 上階への設置もOK

工場で製造した床、壁パネル、天井、バスタブ、ドア、窓などのパーツを組み立てるシステムバスは、パーツがしっかりジョイントされているので防水性が高く、2階以上にバスルームを設ける場合にも向いています。住宅の床、天井の内側に、床、壁、天井が二重にあるようなものなので、保温性が高いのも特徴です。工期も短く、2~3日見ておけばよいでしょう。

機能とデザインが進化するシステムバス

従来のメリットをそのままに、さらに自由度、機能性を高めたシステムバスが続々と登場しています。例えば、保温性。40℃で沸かしたお湯が6時間経っても2℃しか下がらない魔法びんのようなバスルームが開発されています。また、表面に特殊な凹凸加工を施し、速乾性を高めたシステムバスの床材の開発に各メーカーとも力を入れるなど、快適な環境を維持する床材にもこだわりが見られます。さらに、壁材と床材、バスタブの(バリエーションが増え、コーディネートを楽しめるようになり、与えられたものを組み込むのではなく、「選べるシステムバス」に進化を遂げています。このようなメリットから、注文住宅を建てている人の約9割が、システムバスを取り入れています。

通風性とプライバシー、騒音に配慮したプランを考える

隣家の配置にも注意

プランニングは衛生面と心地よさを優先
バスルームは、家の中で最も湿気が多い場所。換気のしやすい場所に配置したいものです。例えば、バスルームを家の角に配置すれば、壁の2面に開口部を設けられるので、通風が格段によくなります。さらに、プライバシーが守られる位置にレイアウトすることも大切。道路や隣家に近い場所は避け、開口部の外側にもバスコートを設けて距離をとり、塀をつくるなど、外部からの視線を遮りましょう。開閉できる高窓や天窓は、換気の面、プライバシーの面でもおすすめです。

上階にバスルームを設ける

メリット&デメリット

最近は、上階にバスルームを配置する家も増えてきましたが、メリット、デメリットをしっかり把握したうえで、配置することが大切です。上階に設けると眺めがよく、外からのぞかれる心配がないため、窓を大きめにして開放感のあるつくりにできるというメリットがあります。また、「バスルームは1階に」という制限がなくなることで、家族の動線を優先してバスルームの場所を決定することができるようになります。

一方、デメリットは水音が階下に響くことです。水圧の低い地域では、シャワ-の勢いが不足するなどの心配もあります。また、高齢者がいる場合や、家族が高齢になったときに、寝室とバスルームが上下階で離れていると、移動が困難になります。対策としては、高齢者の部屋の近くに、シャワールームを設ける、ホームエレベーターを設置するなど、マイナス川をカバーする必要があります。

静かな夜に響くバスルームの騒音

シャワー音や排水の音など、バスルームの音は、意外と家の中で響くもの。特に、生活のリズムが違う家族がいる場合ほかの家族の居室との関係を考えて、水音が生活の邪魔にならないように、バスルームを配置したいものです。夫婦の寝室内にプライベートなバスルームを設置する場合は別として、寝室の隣にバスルームを配置すると、「水音がうるさくてHが覚めてしまう」といった問題が発生します。家全体のプランニングを考えるときに調整をするべきですが、スペースの都合で、どうしても寝室と隣同士になってしまう場合は、壁に吸音材や防振材を入れる、バスルーム側に収納スペースを配置するなどの工夫をして防音します。

また、2世帯住宅で上下階に生活スペースを分けている場合は、寝室の上にバスルームを配置しないように注意しましよう。

見落としがちな排水管の騒音忘れがちなのが、バスルームから流れる排水衿の水の音。家族の休息や睡眠の邪魔にならないように、排水配管に気を配りましょう。対策として、家の中に排水管を通さず、排水配管設備を外に出すのも、ひとつのアイデアです。もし、排水配管がうまくいかず、家族の寝室近くを通ってしまう場合には、遮音性のある排水管を使用したり、遮音シートを排水管に巻きつけるなどの対策をすることをおすすめします

高齢者に対応した安全性の高いバスルームを考える

システムバスのバリアフリー仕様登場

バスルームは、足腰が弱くなった高齢者にとっては、滑りやすく、危険な場所です。バリァフリー設計にすれば、安心して入浴することができます。バリァフリーのポイントは、介護スペースをとる、出入口は開けやすい扉にする、床をフラットにする、滑らない床材を選ぶ、床とバスタブのまたぎの段差を適度なものにする、体が支えられるように握りやすい手すりを壁面につける、適度な室温を保つことができる設備をつけるなどです。

このように、さまざまな工夫と配慮が必要ですが、施工できるのは在来工法だけではありません。各メーカーからバリァフリー仕様のシステムバスが開発されているので、これを利用するのもひとつの手です。

体を支える手すりは取りつける位置に注意

ふらつきを防ぎ、転倒を防止する手すりは、足腰の弱った高齢者にとって、とても心強いもの。横移動、洗い場やバスタブ内での立ち座りの動作、バスタブのまたぎなど、バスルームでの動作をチェックして、手でしっかり握れる位置に取りつけましょう。また、手すりは、細すぎても、太すぎてもダメ。握りやすい太さは直径銘、程度のもの
が理想とされています。

快適性を高める床暖房と浴室暖房乾燥機

ヒートショックが亡くなる原因の4分の1

高齢者が、家庭内で亡くなる原因の約4分の1は、「ヒートショック」といわれています。ヒートショックとは、暖かい場所から冷たい場所に移動するときに、体が受ける急激な温度変化のこと。特に冬場のバスルームでは、ヒートショックがおこりやすくなります。バスルームと居間の温度差をなくし、ヒートショックを予防しましょう。

浴室暖房乾燥機で快適な室温を保つ

バスルームの冷えを解消する設備として注目されているのが、乾燥機を兼ねた浴室暖房。遠赤外線式や、温風式があり、双方を切り替えられるものもあります。風向きの変更ができたり、足下だけに吹きかけるタイプのものもあるので、風が直接あたるのが苦手な人にもおすすめです。タイマー機能がついているものもあります。2世帯住宅や高齢者にも便利なシャワールームの設置気軽に入れるシャワールームの利点高齢者の居室の近くに、セカンドバスルームとして、シャワールームを設置すると、体調に合わせてバスルームと使い分けることができます。車椅子でも出入りできるように、広めの出入口を確保して、必要なところに手すりを設置します。椅子式のシャワー設備を設ければ、より体に負担をかけることなくシャワー浴ができます。シャワールームは、生活のペースが異なる場合にも気兼ねなく使うことができるので、高齢者用としてだけでなく2世帯住宅に設置しても便利です。

お風呂をもっと楽しみたい人に

プラスαの付加機能と設備

もはや定番のジェットバス気泡浴で美容・健康を維持ジェットバスは、バスタブの壁而の噴出口から気泡を含んだ噴流を発生させ、気泡がはじけるときの振動の刺激と水流で、全身をマッサージする機能。バスタイムの充実のため、バスルームにプラスαの設備を求める人が増えています。心地よい汗を流せるサウナもそのひとつ。在来工法なら、バスルーム内にサウナを自由に配置することができます。

家庭用のサウナは、本格的なものから、簡単に設置できるものまでさまざま。高温、乾燥タイプのフィンランド式サウナは、サウナルームが必要です。
遠赤外線サウナは、遠赤外線の刺激によって、低温でも発汗作用を促すもので、ルームタイプと場所を選ばないコンパクトタイプがあります。
ミストサウナは、細かい霧や蒸気で体を包むもの。比較的簡単に設置でき、システムバスのオプションや、後づけで設置できるタイプもあります。

サウナファンに朗報 身近になった家庭用サウナ

在来工法はもちろん、システムバスでも、バスルーム用に開発された防水テレビやオーディオ機器が組み込まれたプランが登場し、音楽や映像を楽しめる設備が充実してきました。また、照明器具についても、バスタブに取りつけたLED(発光ダイオード)で色の変化が楽しめたり、室内のIIIるさのレベルを調整できるなど、バスルームに新たな表情を与える遊び心のある照明が注目されています。
充実!バスルームのエンターテイメント別時間風呂は、いつでも適温で入浴できるシステムです。征、お湯を入れ替える必要がなく、そうじの負担を峰減。省エネモード設定で、節約運転も可能です。ボックス剛の機器をバスルーム内に設置するタイプが主流です。

副時間入浴OK

生活パターンの違う家族にすでにバスタブに組み込まれているものが多く、噴出口の口数、噴流の強弱、防音・震動対策の有無が選ぶポイントになります。メーカーによっては、後から設置できるタイプもあります。

お風呂のリフォームで機能性をあげる

大胆な移動でマンションとは思えない開放感を

「水回りを動かしてはいけない」というマンションでなければ、バスルームの位置を変えて、広く明るい空間に。

例えば、あまり使わないバルコニー側の部屋をなくし、バスルームを移動してユニットバスを取り入れれば、写真のようにバスコート付きのオープンなバスルームに変身。
光も風も入る快適な空間にすることができます。

バスルームの広さの変更は、建物の構造がカギ

バス・サニタリーのリフォームにはいろいろなケースがあります。
例えば、「古くて狭いお風呂を、新しくして広くしたい」という場合は、今のバスルーム回りの構造がどうなっているかを、まずは確認しておきましょう。
壁式構造と呼ばれる建物であれば、バスルームが撤去できない壁で囲まれているため、広くしたくてもそれほど広くはできない場合が多いです。
その場合は、思い切ってバスルームの位置を変えることを検討してみましょう。
もちろんキッチン同様、床下の排水管の状態を調べ、移動できるかの確認を忘れずに。
併せて家事動線も考えておくと、LDKと行き来しやすく、掃除や洗濯がしやすいバス・サニタリーがつくれます。

面室の湿気対策には窓の新設か仕上げ材の工夫を

湯気や湿気がこもりやすい洗面室のリフォームに多い要望が、通気や換気についてです。
戸建住宅の場合なら、筋交いの入った壁でなければ窓を新しくつくります。
しかし、マンションの場合は、窓を新設することができません。
そのため、壁の仕上げ材に調湿効果のある珪藻土を利用したり、入り口を引き戸にして開けておけるようにします。

カウンターを兼ねた収納でトイレ空間をすっきりと

「今のトイレは狭い」という不満を抱いている人が多いようです。
限られた空間を有効活用できるよう、収納にひと工夫しておくとよいでしょう。
例えば、写真は、手洗いボウルと一体化したカウンター収納。
上から出し入れするタイプで、ふだんはブタを閉じ、インテリアを並べるディスプレイコーナーとして活用しています。

洗濯機置き場は、使い勝手よくコーナーとして独立を

洗面室で困るのが大きな洗濯機です。

洗面化粧台の横に洗濯機がドンと置いてあると、せっかく自分好みのデザインに仕上げても興ざめしてしまいます。
その場合は、洗濯機を別のところに移動するのもひとつの方法です。
写真は、キッチンと洗面室をつなぐ家事動線上に、洗濯機コーナーをレイアウトしています。

デッドスペースを賢く活かして快適な洗面室を

洗濯機の上部空間を空きスペースと考えて、有効に活用するといいでしょう。

例えば、洗濯機の上に折り戸タイプの棚板をつけ、棚をおろせば、脱衣かご置き場などに活用できます。
洗濯機を使用する時は、棚を折り畳んでおけるので邪魔になりません。
洗面室のスペースにあまり余裕がない場合にも、効果的な工夫といえます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です